雑記

Calling を聞いてたら、#12 付近から激しい音飛びとノイズに見舞われました。しかしディスクの記録面を見ても CD のエラー訂正を困難にさせるほどの傷は何処にも見えません。試しに GSA-4082B に突っ込んで再生してみると何の問題もなし。となるとディスクに問題はないはず。あるとすれば、PX-W2410TA 側になります。
そりゃこっちに持ってくるまでは何の問題もなかったのに、今じゃトレイ排出時に途中で止まりそうな嫌な音が響くようになってしまったのは気に掛かってましたが…… これ以上、あぼーんは勘弁。修理するにしても、1 万円以下で書き込み系 DVD ドライブが買えてしまうこの時代じゃかえって高くつきそうです。そりゃ時代は D・V・D! なんでしょうけど CD-R の需要だってまだまだあるはず。いつまで使うのかはともかく、今壊れるのは非常に困ります。
GSA-4082B による代用案が却下なのは、どうも CD-R は問答無用で最高速の 24 倍速で書かれるっぽいからです。まだ試してはいませんがライティングソフトでの認識状況を見るとどうもそれっぽい匂いがします。あと、嫌韓厨ではないですけど LG とかあまり好きじゃありませんし。圧力釜みたいに爆発する事ぁないでしょうけども。
とりあえずは本当に故障なのか、相性によるものなのかといった点を明らかにするために Nero CD-DVD Speed v3.0 で検証してみました。使用したディスクは Calling と苺衣ラジ vol.02 の Disk1 です。

まず PX-W2410TA + Calling 、やはり #12 付近から転送速度が落ちてます。っていうか何度もリトライしてやっと読んでいるといった感じです。PX-W2410TA + 苺衣ラジ Disk1 では何の問題もないのでドライブの故障とは考えにくい、かといって GSA-4082B + Calling を見る限り (最後で落ちているのがやや気になるものの) ディスク自体には問題ないらしい。
ということで不幸にも相性が最悪だった、と結論。
にしても平均速度とか初速とか見ると、やっぱり PX-W2410TA は暫く手放したくないなと。やはり後々を考えて、Plextor 最後の CD-RW ドライブになりそうな PX-W5224TA/NEB を予備として確保しとくべきでしょうか。CD-RW ドライブに 1 万円以上も出すなんて今や正気の沙汰とは思えませんが、後で 1 万円以上出して修理するのも嫌ですし。

コメントを残す