雑記

先週から先々週に買った単行本を一通り読了。
予備知識無し、限定の二文字に踊って買った「ティンクルセイバー」は思ったより外れ感はありませんでした。大きな見せ場も動きも伏線ばらまきも無い分、惹かれる要素というのがいまいち見えてこないのはちょい問題。今後次第だと思います。
3 冊まとめ買いの「かりん」は先の気になるラブコメものとして及第点はあるかな、と。
かつての虎・日本橋店で数ヶ月に渡って初単行本を平積みさせた世徒ゆうきの最新刊、「アッチェレランド」は文句なしの秀作です。汁の陰影、露出配管に拘る独特な背景、一応のオチ付き、といった特徴的な部分を更に延ばしたとでも言いますか。
「ゆびさきミルクティー (3) 」、えろげ主人公なら絶対に嫌な奴になっていそうなのに全くムカつかないのは女装というギミックの効力かと思ってましたが違いますね。ひだりの可愛さでした。

コメントを残す