Dear My Friend

ブランド: light
麻衣エンド。最後の最後まで定石通り、期待通りの展開なのに胸が躍るかのような心地良い感覚で終わってくれました。お涙頂戴とか不幸な過去ネタとかよくある擦れ違いとかの定番どころに逃げると見せかけてそうしない、結局は本当にシンプルなお題でこぢんまりと纏めたのが功を奏したように思います。
年下・年上の二人が蚊帳の外、ついでに友情がどうこうとか OP ムービーでいうから絶対にあると思っていた修羅場が皆無だったのはちょっと残念かもしません。纏まりを重視するなら、削って正解とは思うのですがちと寂しい。

コメントを残す