雑記

数年振りにして初めての夏混み参戦。というかこれで 2 回目。始発で行くほどもう精神的にも体力的にも若くはないので 8 時半過ぎに出発しました。コースとして武蔵野線で西船橋、京葉線で新木場まで出てりんかい線が財布的に優しいので選択したものの、西船橋での接続が恐ろしく悪く、15 分待ちなんていう首都圏とは思えない待ち時間を貰ってしまいました。
10 時過ぎには到着し、迷わず西の行列へ。待ち時間はだいたい 40 分だったと思います。この暑い中走り回るスタッフさんたちには本当に感謝。
今日はいわば前哨戦。烏合の衆で枯れ木も山の賑わいをみせているだけ。たかが企業ブース、それも二日目で何も本気になる理由も必要もありません。なので 8 月、ねこ、戯画、型月、曲芸といった行列ブースには目もくれずに買い物リストと行列状況をみつつ襲撃、確保。時間が時間だけに、入場時点でソフトバンクパブリッシングのジブリール抱き枕カバー、Sincere の抱き枕といった昨日の時点で即尽きていたものはやっぱり完売。F&C は先行通販でホワイトブレスのサントラと NorthWind のマキシを購入済みなのでスルー。行列系を無視したこともあり、割と順調に買い物ができました。私が並んだ屋外の販売行列って LittleWitch と曲芸ぐらいだったと思います。
一応はコミケのうちとはいえ、企業ブースってキャラフェスとかその類の延長な印象を受けます。あ、列形成や誘導の上手さはさすがコミケって感じですが。
昼を過ぎた頃には一部を除いて販売行列は程々に、今度は 14 時からの無料配布行列がずらっと外周に形成されてました。私は迷ったものの、ぱじゃまの行列に参加。15 時あたりになると流石に体力の限界を感じ始めたので帰途につくことにしました。前回参加時は横を通ることすらなかったコスプレ広場に惹かれるものを感じつつも、あの人口密度と自分の手荷物と体力を秤に掛けると断念せざるを得ません。
帰りの国際展示場駅前ロータリーではネットでしか見られなかった有名痛車によるモーターショーが開催されていました。「ところでこいつを見てくれ。どう思う?」と言わんばかりに並んでるんですからもう「すごく……イタいです」としか言えません。
日本橋で有名なあの水月カーも参加。いつもは見たいけどあまりジロジロと見るのも悪いなと目を逸らしていましたが、今回は心ゆくまで拝見させて頂きました。思わず写真まで撮っちゃいましたよ。
行列に始まり行列に終わるコミケ、参加者を待ち受ける最後の行列である駅入場待ち行列にはちと参りました。切符売場への入口が手前で、改札への入口が後方というのをもっとこちらに伝えてくれないと混乱しますってば。
そんなこんなで本日の買い物リスト。自戒の意味も込めて売価も書いてみます。

  • ドラマ CD + ねこモノ 5 ¥1,500 (ねこねこソフト)
  • 友達以上、恋人未満 ドラマ CD 時の旅人 ¥3,500 (StudioMebius)
  • ヤミと帽子と本の旅人 葉月外伝本 ¥1,000 (オービット)
  • 3days マキシシングル ¥1,200 (Lass)
  • CLANNAD オリジナルサウンドトラック ¥3,500 (ソフトバンクパブリッシング)
  • 最終試験くじら ~Progressive~ ¥1,500 (SOFT/CIRCUS)
  • パティシエなにゃん娘。ドラマちっく CD 2 ¥3,500 (ぱじゃまソフト)
  • フロントイノセント #0 ¥3,500 (MOON ROCK)
  • light・ぷちフェレット作品 合同冊子 ¥1,000 (light)
  • LittleWitch 販売物セット (Quartett! サウンドトラック CD 「Flowers」,T シャツ, シャムロック・スタッキンググラス, リングキーホルダー, オリジナルチョーカー) ¥10,000 (LittleWitch)
  • 由紀乃のスウィ~トシーツ ¥8,000 (ivory)
  • 桜待坂 FunnyPink vol.1 ~ 永瀬由紀乃 & 仲居瀬奈 ~ ¥2,000 (ivory)
  • FunnyPink 1+1-EX ¥3,000 (ivory)
  • はるのあしおと サウンドトラック ¥3,000 (minori)
  • SERENE ¥2,500 (minori)
  • 苺衣ラジ? 10 周年記念版 ¥1,000 (コミックとらのあな)
  • Canvas 2 抱き枕 ¥8,000 (トイズ・プランニング)

F&C の先行通販分を加算するならさらに ¥8,000 (Club F&C 入会金 ¥1,000 含) プラス。
なるほど、やたらと荷物の量が多くなってしまったのと 2 日分の予算として召還した 7 人の福沢諭吉のうち 6 人が失踪してしまったのはこういうわけなんですね。これでもし、完売で買えなかった物品も買っていたら相当に良い額になっていたと思います。
荷物を置いてからアキバへ寄って虎で軽く買い物なんかもしてたり。ほら、明日の荷物は少しでも減らさないと。

  • いちご生搾り (悪部流)
  • 萌えるカラー本 もらら~ 2 (悪部流)

戻ってからは最終チェック。基本方針は「壁と大行列には寄らない・見ない・近づかない」「一冊ずつ確実に」。質より量、というわけではなくて欲張らずに好きなところから攻めましょう、と。たとえ勝てなくても、負けなければ良いのですから。
にしても前は島中だったサークルが壁になってたりするのを見ると妙に寂寥感のようなものが。

コメントを残す