雑記

金は天下の回りもの。

School Rumble は 2 ~ 5 巻をまだ買ってないのでひとまず積みで。東方は体験版でヘタレでもそこそこ楽しめるか確認したので一応。弾幕シューティングって「シューティング」と呼んでよいのか疑問に思いつつも興味だけはありました。 CASTALIA 06 はあの名曲「ヒカリ」のアレンジに惹かれて。店頭で試聴できたので安心して買えました。
ついでにファイナルロリータ収録のメガストアを軽くさらっと流し読み。斜陽に照らされた末の一発ネタにしても、権利処理や移植コストを誰が何のメリットがあって引き受けたのかという疑問の答えは実に単純なものでした。もの好きさんがプロジェクト EGG のえろげ版を立ち上げるからそのフィールドテスト兼広告ネタとして収録したということのようで。
ただ祖父倫に喧嘩を売る気はないらしく、現在の倫理規定にそぐわない箇所の修正コストとかで価格が 1000 ~ 3000 円と高めになるらしいのが気になるとこです。声付き、フルカラー、OP/ED 曲付きで 1000 円のえろげが出るこの時代に、懐古趣味で注ぎ込むにはちょっと高い。潜在的需要で言えば、95 ~ 98 年頃の Windows 以降期ものの XP 対応版の方があるんじゃないでしょうか (技術の壁についてはさておき) 。

コメントを残す