雑記

色々とあって、ここ一週間ほど紅茶以外のものを口にしてません。空腹感は殆ど無く、むしろ吐き気の方が大きいあたり人の体というのは複雑なものです。
で、その「色々」の一番大きな要因である歓送迎会なんてのがありました。その主旨や是非については問いませんけども、参加を拒否する自由ぐらいは欲しいなと。飲まない人間にとって、嫌いな環境に置かれる時間に数千円のお布施は苦痛であり無駄な浪費でしかありません。飲酒前提の不味い飯と烏龍茶飲み放題にどうしてそんな額を出さなきゃならんのだと。せめて、飲まない人間は多少は安くするぐらいの融通はきかないもんでしょうか。
そもそも、どうしてあなた方はそんなに飲み屋という場を好むのでしょ。普通に飯の美味しいお店でいいじゃないですか。文化だという人もいますが、ただの悪しき伝統と慣習に従ってるだけにしか見えません。
そんな私なりに出した結論が食えるだけ食って多少でも元を取る、でした。十分に空かせておけば何でも入るでしょうから。一滴も飲まないと公言しているのに強要してくる昔ながらの阿呆を適当に無視って、水膨れ防止の為に茶も飲まずに食うこと第一にしたお陰でそれなりには食えました。空気読めって感じですけどあははーっ、空気は読むものじゃなくて吸うものですよーってかこんなタバコまみれの空気じゃ吸うのも嫌ですねーと半ば開き直り。帰り際の片付け時に残ってたのを摘んだりもしたものの、いまいち満腹感はありません。体力不足なところに暴食した反動は激しい疲労だけでした。
やれやれ。

コメントを残す