ホワイトブレス

ブランド: F&C FC02
99 年 1 月ちょいまで。未緒中心に会っていたので当然のように未緒シナリオ。
にしても、これは壮大なストーリーのほんのプロローグにしか過ぎないのだとでも言わんばかりの淡泊ぶりです。家庭の事情で家出して転がり込んできたケンカ友達、そこに関わってくる美人の従姉、あからさまな態度の後輩と来たらもうお話の 8 割方は決まったようなもの。普通なら意図的にお約束イベント詰め込んだり起伏や緩急を付けて盛り上げようとするような状況だろうに、実にあっさりと駆け足で日々が過ぎてゆきます。こう感じるのは例の小イベント数珠繋ぎ構成というのもあるのでしょうけど、今はただ流しているだけで本編はこれからですよな雰囲気が端々から漂ってるような感じがします。
冒頭のシーンを見るに、相当な「な、なん (以下略) 」展開を用意していそうで怖い。

コメントを残す