ホワイトブレス

ブランド: F&C FC02
なにこのエンディング (AA 略) 。
一応、未緒エンド。一応と付けたくなるのは多分信じたくないからだと思います。
発売前の事前情報として流れてたんで書いちゃいますが、主人公は幼少の砌に大病を患っています。想いが通じ合ったこれからという時に都合よく突然再発してさぁどうなる、というような粗筋を何処かで読んだ記憶がありましたし、昔の病というのはある意味フラグですからそれが当然の展開と信じて疑いませんでした。
やっと盛り上がる展開になったと思ったのも束の間、何の奇跡も必要なしに目覚めて日々が過ぎて退院してハッピーエンド。3 年間植物状態で目覚めたら記憶喪失になれとは言いませんが、こう来たら普通は一悶着を期待するものなのではないかと。正確には、一悶着ありそうな雰囲気だったのに実に適当なオチで流されました。要は演出の為だけにちょっと引っ張っただけで深い意味は全く無し。誰かツッコミ入れようよ。
時間を前後する構成とか、刹那のモノローグとかそういった要素もただの雰囲気作りの一要素だったんでしょうか。もし意味があるとすれば、凪沙さんかののかシナリオあたりっぽいけど期待しない方が良い気がします。
噂の柴崎は名前だけ。乃絵美は CG 1 枚、いやせめて名前だけでも出ないかと期待したけどやっぱりだめか。
主人公がヒロインのトラブルに巻き込まれて心労で倒れる様を描いたシナリオ ってこういう意味だったんですね。

コメントを残す