何処へ行くの、あの日

ブランド: MOON STONE
「どうしてオチがわかった?」
「呉だからな」
企画・シナリオが呉さんなら仕方ないよねっ、と映画史に残る名言になるのなら一応見ておくべきなのか迷いどころなものを思わず引っ張って納得してしまうような青井さんエンドでした。
ここ最近は先が読みやすい話の安心感に慣れていたので、タイトル通り何処へ行くのか分からない不安感は良くもあり悪くもあり。初回ってこともあるのでしょうが、過去とか記憶とか事件とか薬とかといったネタ振りの多さとその収拾のつかなさで無駄に振り回された感はあります。
救済になるようなものは用意されて……いなくてもまぁ呉さんだし、で納得してしまいそうなので振りまいたネタをどう料理するのかに期待でしょうかね。

コメントを残す