六ツ星きらり

ブランド: 千世
うーん、絵の地味っぽさと予想に反して激しく微妙です。それも否定的ではなく肯定的な意味での微妙さ。すばるなんてもう、ある意味 Wind のみなもを越えそうな強さ。しかも頭っからバカップル状態ときてます。これ、他に走ったら噂の問い詰めどころか血で血を洗う修羅場になっても全然不思議じゃないような。実はそれを一番期待してたりしますけど。
あぁでも、会話とかのやりとりは不思議と面白いです。突っ込んでくれと言わんばかりに開き直っているからでしょうか。
OP に繋がる導入部にはちょっとやられたかも。まさかあんなところで不意を突かれるとは思わなかったので。

コメントを残す