雑記

アルケミストの抱き枕注文完了、と。
出費が重なったとはいえ 6 桁単位で金が動くのって心象的に凄く嫌なものが。気が付いたらカードの使用限度額も +100k されてるしっ。えろげを週 2 本ペースで買うとして月 8 本で約 50k 。同人とか CD とかで 20k とすれば悪くても 80k には収まる計算なのに不思議ですね。一体何をそんなに買ってるんだか。
ジュベネイル・ガイドというプロ……もとい NPO が祖父倫へ香ばしい質問状 (pdf) を送ったそうです。

宗教、宗教家、宗教儀式の尊厳を傷つけないように留意する…………ここでも児童を模倣し、実名に近い名で寺社仏閣を登場させ、性的目的に扱う作品も販売許可されております。この点に関しましては忌々しき問題ですので、当NPO は大きく取り上げるつもりです。

実名に近い名で寺社仏閣を登場させ、性的目的に扱うというのはつまり、巫女さんもののことかーっ。しかも忌々しき問題て。「寺社仏閣を性的目的に扱う」というのが寺社仏閣を舞台とすること自体を指しているのであれば、学校や病院も似たようなもんではないかと。そもそも、たかがえろげの舞台としたぐらいで「宗教に対する尊厳」というやつは傷つけられるんでしょうか。
最近多い嘘っぱち巫女服は邪道だ冒涜だ、という主張ならちょっとだけ同意します。

未成年に禁じられている行為を………ですが、年齢を設定したらどんなにかけ離れた内容や容姿(見るからに児童、幼児)を持っていようが、認可している物が多数あります。

見るからにといっても所詮は主観による判断ですから難しいものですね。とりあえず、ケモノ耳やシッポをつけて「人間以外の生き物」にしろってことでしょうか。動物の耳や尻尾や肉球がついた見るからに児童、幼児なんて存在しませんからね。彼女たちはどーぶつ、もしくは亜人です。
すると触手も問題なしか……って幾ら私でも触手同士の絡みには萌えません。

中でも、幼児、児童達を標的にした性犯罪者の多くに、児童ポルノを模倣した作品や商品を好んで手にしている連中が居ることも現状です。

文中で話題にされたような児童ポルノを模倣した作品や商品に該当するものの存在が公式に認められた事件って、ここ最近ありましたっけ? あるならば、それみたことかと大キャンペーンが張られて叩かれて、またヲタ弾圧かと互いに思考停止した不毛な祭りが見られるはずなのですが――あたりの定番反論で事足りるくだらない脚色を何故するかな。正直に少ないながらも事例があったとか将来起きることを危惧しているとか書けばいいのに、自分の価値判断のみを主軸に置いて理論武装するから怪しくみえます。
私が報道で知る限り、最近の幼児、児童達を標的にした性犯罪者に該当することが多いのは教師とか講師とか公務員といった方が多いように思います。普通に考えればそれは「手を出しやすい環境にある人が手を出す」わけで、児童ポルノを模倣した作品や商品の存在有無よりも結局は個々人のモラル次第だねというごく当たり前の解を導いちゃだめなんでしょうか。
祖父倫がどんな回答するのかも興味ありますが、正直黙殺していい内容だなあと。

コメントを残す