アメリカーノ、プリーズ!

ブランド: ACTRESS / 冥王星
冥王星は「いつもの」アクトレス、つまり緩すぎる股、母娘・姉妹丼、近親、無いに等しいお話し、風俗売り飛ばしエンドが主要素なチームです。最後の売り飛ばしエンドは本作にはありませんけど。
有希子エンド、杏奈エンド、美由エンドとみましたが実に (先に挙げたような) アクトレスらしい作品です。お話しとか起承転結とかそういうの、考えちゃだめですから。むしろ、喫茶店ものなのにちゃんと仕事してるシーンを描いていることに驚いてしまいます。
ただこれ、原画家は 2 人ですよね……と確認してみたくなるぐらいに立ち絵とイベント CG に違いがあります。まるで、表紙はフルカラーなのに中身は鉛筆書きラフの同人誌のようです。公開されているサンプル CG はかなりマシなものが選ばれてるので要注意。

コメントを残す