はるのあしおと

ブランド: minori
ムービーのできは当然として。立ち絵が綺麗になり、凝った演出も入ったりして今風ですね。
痛い主人公やヘタレな主人公はそこら中にいますが、本作では和の的確すぎるツッコミのお陰で痛々しいまでに輝いて見えます。どうやらルート確定するとほぼ二人の世界になるタイプらしく、ひたすら突っ込まれる和ルート中。

コメントを残す