雑記

鶴の一声という奴を目の当たりに。

コメントを残す