ゆりね ~おねえさまがおしえてくれた~

ブランド: CAGE
作品の傾向でいえば、Rune よりは CAGE の方が好きだったりします。CAGE が、というよりは武藤礼恵シナリオ作品に代表される何とも言えない微妙さが好きなだけなんでしょうけども。
ということで引き続き女装主人公もの。ただしこちらはお姉さまが他にいる、平たく言えばショタものなわけですが。しかし今回は主人公だけあって、CAGE がこれまで培ってきた Boy’s ヒロイン (さながら「清純派 AV 女優」のように矛盾した単語ですね) の集大成のようなキャラです。手慣れてるだけにやっぱり上手いです。
特に、まきいづみによる声なんて見事の一言。かないみかとこおろぎさとみの区別が満足に付かない私でさえ聞き分けられる特徴的な声質と確立された演技力は、やはり中性的なキャラにも十分適応してます。多少の贔屓目は否定しませんけど。でも声のイメージから結びつけられやすい天然系キャラ以外の方が実は萌えるのは確か。
カレンシナリオっぽいあたりまで

コメントを残す