School Days

ブランド: Overflow
今日のところは「さよなら世界」「刹那の想い」「クリスマス・イブ」「素直な気持ちで」。ちょっとした選択肢の違いで展開が大きく変わりますね。この難易度とプレーのしにくさとエンド数で、ヒントもフローチャートも達成度表示も無しってのはヘタレゲーマーに対する嫌がらせとしか思えません。
生の感情を剥き出しにするキャラが目立つ分、ちょっと良いひとが物凄い善人に見えてきます。刹那だけが血と涙と修羅場溢れる世界で唯一の良心、荒れ果てた焦土に咲く一輪の可憐な花状態です。このどうあっても泥沼行きの作品で、ちゃんと最後まで世界の親友でいられたのは奇跡に近いです。親友の裏切りなんて修羅場の基本中の基本、しかも Overflow じゃ絶対またやるだろって思ってましたし。
普通な善人キャラが大きな救いになってしまうというのも何かアレです。

コメントを残す