雑記

中央線を止める三大要因は人身事故、自然災害、そしてトラブル。
緩行線で目的地までは行けたものの、駅に乗客が溢れたお陰で改札通過に 10 分以上もかかりました。中央線を使っているとスリリングな体験ができて良いですね。
緩行線では「毎日起こるアクシデントはアクシデントじゃないんだ!」と謎の主張を唐突に叫んだかと思えば、動物か受信系な人のような奇声を上げたりする男性と乗り合わせてしまいました。その他大勢の人と同じく他人に無関心な若者として内心いやーんな気分になりつつ表面上は普通にスルーしたのですが、携帯を取り出すと今度は「はい、いつもお世話になっております」「実は快速が止まっておりましてお時間の方がちょっと……はい、誠に申し訳ございません」などと流暢なビジネストークを始めるじゃないですか。別人のような、じゃなく別人としか思えないような変わり様です。もしかしてこれが噂の「かっとなって」「むしゃくしゃして」「今は反省している」というやつでしょうか。
そろそろ平穏な朝と夜が欲しいです。

コメントを残す