群青の空を越えて

ブランド: light
四周目は夕紀シナリオでエンド 2 つ。外周キャラなせいか、妙に淡泊に感じます。最後まで描かずに切るにしても、もう少し余韻を残すような切り方でないとただの死亡フラグ成立エンドっぽく見えますので。
誰かとくっつく為の話じゃなく政治的主張や開戦に至ったバックグラウンドを説明する為のお話しという面が強く、あっさりしててもこんなんもんかと納得してしまうのも正直な感想ではありますが。

コメントを残す