はぴねす!

ブランド: ういんどみる
今度こそ春姫エンド。あそこまで進めておいて途中退場エンド送りにする必然性ってあるんだろか。選択肢による好感度稼ぎ型ってスタイルとしても今更感が漂います。
春姫はキャラ紹介で受けたイメージほど壊れたりすることはなく、普通に優等生キャラなままだったのが残念といいますか。どうせありがち路線を歩むなら、もっと遊んでくれた方が良いです。お話しはメインヒロインといえばほぼ必ず付きまとう、過去の思い出とか主人公出生の秘密とかといった基本要素をベースにした無難路線。ただし魔法少女ものとしてみれば及第点未満。「普通の学園もの + 魔法」と「普通の学園もの + 魔法少女」はやっぱり別物だと思うのです。
スタッフロール後にわざわざ分岐選択肢の追加と誰のシナリオに行けるかを教えてくれるあたり、どうもルートは半固定のようです。金髪ツインテールはまだ先か。

コメントを残す