MOON CHILDe

ブランド: SIESTA
咲夜エンド。構成については、主人公の能力を考えれば容易に想像できて然るべきでした。やたらと嫌な方向に話が進んだり、デレる気配が恐ろしく薄いツンデレっぷりもちゃんと意味があったと。
メインヒロインらしく、いきなりスケールの大きなお話しで来たようでいて肝心な部分は後回しとしてしまうよくあるネタ振りタイプのお話し。核心がまだわからないからこそ楽しめることを差し引いても、最後まで期待できそうな雰囲気は感じました。
リンネの声がまきいづみってのはスタッフロール見るまで気付きませんでした。感情無し、抑揚無しの演技だからって全く気付けないとは。
ファントムの正体は消去法でいくと 1 人しか残りませんね。怪しいのはもう 1 人いますけど多分外れ。

コメントを残す