雑記

冬コミ 2 日目。今日も始発参加ですが、今回は有楽町線で新木場入りして 5 時 44 分に国際展示場着なコースを取ってみました。乗り換えが面倒そうというだけの理由で、大崎や大井町まで行くコースより 10 分ほど早くなります。
使ってみた感想はただ一言、これは酷い。
有楽町で乗る新木場行きが田園都市線並に混んでいるのは当然としても、新木場に着いた時の阿鼻叫喚な光景はあまりにも酷い。今更急いでも仕方ないのに急ぎたい人がいるのか、単に人が多すぎて自然とそうなってしまうのか、駅について扉が開いてからの数分間は人の波に流されるままで非常に危険です。あれはゆっくりとか慌てないとかのレベルで済む話じゃないです。
りんかい線も同様で、わざわざ「1 分でも早く会場に着きたい気持ちはわかりますが」なんて前置きつきの車内アナウンスで注意されても、やはり急いた人の波に押され挟まれ流されます。
入場待ちは東攻めなので一回りして駐車場へ。この東の駐車場待ちは本当に正解なのかという点でいつも迷います。大半が東へ行くなら西攻めの待機列は多少でも短くなるはず、なんて単純な話でもありませんし。
10 分早い始発参加が効いたのか、今回は東 3 ホールのシャッターが上がる場面を肉眼で確認できる位置で開場拍手を迎えられました。伝説に聞くシャッターダッシュを生で見られるなんて事は勿論無く、シャッターの向こうには机と「最後尾」と書かれた看板。逆にシャッターの手前には整然と並んだ行列。どう見ても大手サークル行列です本当に以下略。ああそうかと妙に納得して行列してる人たちをよく見てみれば、やっぱり大手の絵とか名前が入った紙袋を持ってる人がいます。そりゃ開場前に買われてたり開場前に行列並んでたりされたら一般人はそうそう買えませんよね。
10 時 5 分には建物内に入って東 123 と東 456 の間を通過、私にとってはこれが最速記録です。10 分早いだけでこんなに早いものなのかとちと驚きました。
予想以上に早く入れてしまったので、ものは試しと列の捌けが良さそうな橋本タカシのとこへ並んでみたら 30 分程度で無事購入。無駄無駄無駄と最初から諦めていたのでこれは素直に嬉しいです。中身の方は正直、橋本タカシが描いたということ以外に何を求めるのか微妙なものですが。
これだったら先に東 456 へ行って T2 ART WORKS の抱き枕カバーを狙ってみても良かったかも……と思ったけど聞くところによれば 15 分程度で完売したそうなので諦めて正解だったようで。
その後は東 123 を壁から島まで、別世界のような東 2 の真ん中を横断したりして順にチェック。今までなら、昼過ぎには東 456 へ移ってたのに今回は 13 時過ぎまでうろうろしてました。珍しく時間を掛けただけあって収穫はそこそこ上々。
東 456 はもう時間的に厳しいので人の去った壁に限定したり優先度の低い島は省いて 15 時過ぎに離脱、西 2 へ。どうせ委託されそうな壁はスルー、予定通り APPLE project や WAVE をまわって一端お終い。Maple Leaf が完売してたのは予想外でしたが委託待ちでいいやと。
残るは企業ブース、しかしぱじゃまは販売終了、榊原ゆいのアルバムもやっぱり完売。行列の消えた Navel でドラマ CD だけは買えましたが。ちなみに CD 以外で残ったのはテレカ 1 枚。決して少なくない種類のグッズを用意して、2 日でそれをほぼ完売にしてしまう Navel マジックは今回も発動してました。
もう無駄無駄と知りつつ、東へ戻ってハースニール行列参加……は今回も駄目でした。並べば買える、という妙な安心感があるとかえって優先度が下がるんでまあ仕方ないかなと。
終了の拍手をした後は肩に食い込むほどの重い荷物を持ってとぼとぼと駅へ。きるとの等身大 POP を折りも隠しもせずに持って帰ってた人が印象的でした。あれを見れば紙袋なんて可愛いもんです。
帰りはアキバに寄って地図でひぐらしの予約引き換え。のはずだったのに予約券を忘れてきたので虎で残党狩り。昼過ぎの東ホール並か以上の混み具合でレジ待ち 1 時間でした。
虎での買い物と届きもの。

アリエスは Amazon から。基本的に Amazon は店頭買いできなかった時の予備扱いなんですが今回は店で買う余裕が無かったので。
にしてももう年なんでしょうか。去年は東西ホール往復ぐらい普通に出来たのに今はもうあの距離が辛くて辛くて。入場待ち時間の長さで体力削られてるとしても疲れるのが早すぎな気がします。疲労を上回るような充実感や満足感があるのならまだしも、それすら微妙。数年前、初めてのコミケで 2 万円ちょいをやりくりして帰った時の方が遙かに満たされてたような。
要はいくつ入手したかじゃなく、何を入手したかというのが重要なのだと。あれだけ金と体力も使っても、やっぱり買い漏らしや買い忘れはあるし試合に勝って勝負に負けた感が漂います。
あと今回、自分が取れる最短の交通手段を取ってみて、改めて徹夜組やチケット組の壁の厚さを実感しました。完売で買えないのが自分の努力不足であればそれは自分の問題ですからまだ納得できます。が、ルールを守った方が馬鹿を見る上にヤフオクで荒稼ぎされたりするのはただただ空しいとしか。
一言で言うとそう、もういい年なんだからもう少し達観しようよと。

コメントを残す