Daily Archives: 2006/01/14

Bookmark

27歳無職男、自宅に放火 母がフィギュアを買ってくれなかったから

またフィギュア萌え族かっ。

さおだけ悪徳業者“198”で誘い1万9800円

「2 本で 1000 円、20 年間のお値段です」が、安いのは昔の話で今は違うという論法も有名ですね。

メイド喫茶 六本木ヒルズに初上陸

たかだか数年の歴史で文化と言い切りますか。

創作と企業マーケティングの激突! -「コミックマーケット69」総括-

無料配布物を戦利品と呼ぶのはどうなんだろう。

Read more »

雑記

嫌オタク流」は「嫌・オタク流」なのか「嫌オタク・流」なのかがいまいち判然としません。サブタイトルを見ると前者のような気もするし、目次を見ると後者のような気もするし。
light のイベントに行ってきました。帰りは見事な大雨で良い感じに水も滴るオタ状態に。
何処にも告知や案内や指示がないのに、入口付近で予約番号順に整列してるのは参りました。イベントをやるならもう少し行列誘導スキルを身につけて欲しいところ。

  • 司会は REIKA (Tilde) 、light からは代表のはっと、ライターの正田崇と早狩武志、ゲストに榊原ゆい
  • 席は予約番号順の指定席、私は前から 3 列目でした
  • 榊原ゆいは Imitation Lover の OP (imitation) を 2 回、ED を 1 回、REIKA は次作ルナそらの OP 1 回
    • 予想通りに榊原ゆい目当ての人もいたようです
    • というかイントロから横の数人組が突然激しく動くわ何処からかペンライト持ち出して振り出すわ PPPH だか何だか知りませんが定番オタライブな雰囲気に
    • 興奮しすぎたのか故意なのか 2 回目の imitation の時にそのうちの一人がペンライトを最前列付近に投げ込み
      • むしろ笑いながら拾い上げて小道具として使い、間奏の時に見事に持ち主の元へ投げ入れた榊原ゆいは神
    • imitation が浜崎風、いや現代風なのは一応意識してるらしい
    • この一番売れている時期にどうやって引っ張ったのかと思ったらイベントの後援がどうやら HOBI
    • 売れてるだけあって OP / ED はシングルで出そう
  • 群青は予約が散々だったものの、発売後には困らない程度に売れたらしい
    • パソパラでの小説連載は確定済み
    • 一迅社から 18 禁要素を含まないファンブックと小説が出るかも
    • コンシューマ移植の話は来ているがソニーチェック次第
      • それなりに抵抗してみる気はあるらしい
    • エンディングは最初から決定済み
    • キャラが一人も出てこない OP は口出しも指示もしていない
    • 男には少年という時期があるのに対して女は幼稚園児から女
  • 新作 Imitation Lover はご都合主義無し、毒気に溢れる
  • 次作は 2 年前の新妻企画、単純な萌えゲになるらしい
    • ライターは上野研太郎
  • 正田崇の新作はパラダイスロスト系の燃えゲ
    • 発売は年末から来年ごろ
    • Fate を見習って演出と CG 枚数は強化
    • Dear My Friend で萌えゲは懲りた
  • キャラが死ぬ場合、
    • 地味に撃墜されて死ぬのが早狩シナリオ
    • 東京上空でドッグファイトして国会議事堂に墜落するのが正田シナリオ

やや話があっちこっちへ飛びやすかったり既出な話も混ざってたりはしてましたが小ネタも色々あって楽しめました。特に早狩氏と正田氏の感性の違いは非常にわかりやすい。
あと買い物も。

  • 姉汁 (アトリエかぐや)

流通から回収指示が来たらしいので偶然見つけた未開封中古を確保。手にとっても、本当に持っていないか最後まで不安が消えないのは私らしいというか何というか。
これまでの例と同様、今更過ぎる回収指示に素直に従う店は無いようで何処でも普通に積まれてます。