はあちゅうコピペ F&C編

ねえ、F&C が可及的速やかに、しなきゃいけないことはなんだと思う?
私は絶対教育改革だと思う。
この間雑誌で
「なんでエロゲに H シーンを入れなきゃいけないのか説明してください」
って言ってるシナリオライターを見て、
「は?」って思った。
もしあれが私の子供だったら、末代までの恥。
世の中には説明の要ることと要らないことがあって、その質問は後者のカテゴりーに属するでしょ。
抜くのに苦労してないからそんな質問出てくんだろうね。
あたしも大して苦労してないけどさ。
抜くことがどれだけ大変なことか知ってたら、そんな質問できなくない?
そういう低レベルなことをぼやいてる奴らをまとめて、やきにくくりぷうぴのハイパースペースとかビジュアルアーツとかに全員ボランティアに行かせるべきだと思った。
向こうも迷惑だろうけど、頭下げて勉強させてもらいに行くべき。
必死にエロゲを作ることにすがりつく人間を目の当たりにしたら、「なんで H シーンを入れなきゃいけないか」なんて言えなくなるはず。こういう感覚を持ったライターがいること自体間違ってるよ。
F&C 、なんか最近情けなくない?
この間、金杉はじめが「今までの Pia キャロの常識を壊したい」って言ってて、「終わってるな」と思ったんだけど。
人気シリーズを手がけたプロデューサーがそんなこと言う時代?
オタと話してた時、その子が
「Pia キャロは飲食店エロゲの三大義務であるコスプレ H 、バイト、着せ替えの「コスプレ H 」がないからエロゲ失格だ」
って言ってて、すごい説得力あった。
F&C っていうのは、「コンシューマ移植が楽にできればいい」っていう感覚が根底にある気がする。F&C をよく知らないから全否定は出来ないけど、エロゲ業界がこのまま軟弱化して、「みんなでコンシューマ移植しましょう」ってなったら、業界は滅びることだけは確か。
そもそも、H シーンがあるのがエロゲなのに。
H シーンの CG 枚数が落ちてる!!
H シーンを書かせる教育が必要不可欠だと思われ。
ていうか、「なんで一生懸命エロくしようって意欲が失われつつあるの?」って考えたんだけど、私なりの推測は、「移植すると削られるから」。
エロゲという自己実現の場をもって自分の使命をみつけて、てっぺん究めたら、最後にエロに還元するのが本来のエロゲの姿だと私は思うのね。
それを放棄するのは、エロを書く気がないからじゃない?
鎖国のエロゲ業界では、アニメ化されたりコミケ交流しないと、エロの薄さなんて意識しないけど。
だからこそ、F&C はもっと世界に目を向けなきゃ。
高田馬場にひきこもってないでさ。
で、F&C にエロを書かせるには教育から変えていくべきじゃないかと。
エロっていうものは実体が掴めないから、結局は性癖、妄想、趣味、特定属性への愛が濃いエロになるんだと思うの。
で、それらを「愛する」ことが出来ないなら、教育が絶対悪い。親と学校と社会が悪い!
エロがないと、売上は上がらないから、CG 以外に魅力のない F&C は簡単に地雷ブランドになるであろう。
教育を徹底改革して、F&C にはエロを叩き込むべきだと思う。
萌えエロは、間違ってる。
あれは萌えゲと抜きゲの格差を広げるだけ。
個人的には、Rune の「ゆりね」でショタに感動したので、あれを取り入れるべきだと思ってる。(Rune についてはまた別エントリーでかくかも。)まあ Rune は対象者が狭いから、それを生かせてないけど。あのソフトハウスはいろいろなもののバランスが悪すぎる。でも、ロリとショタの宝庫ではある。
ていうかここまで思いつくままに書いてきたけど、何が言いたいのかよくわからなくなってきた…。
いろんな方向に飛びすぎ。書きたいことが多すぎて。
つまりまあ、まとめると、私はコスプレ H に興味があるよ って書こうとして、途中でいろんな問題にすりかわっちゃった…? 盛り込みすぎた感が否めない。
書いてて思ったけど、私の意見って、世間知らずで勉強不足の意見だと思うのね。(しかも、まとまってないし。)
でも大事なのは問題意識があるか、意見を持てるか、表明できるかってことな気がする。
アキバのエロゲ屋店員が、「最近のオタは『どのエロゲで抜きたい?』ってきいても、自分の意見が言えない」って嘆いてた。
こんなの、エロ漫画ではないってさ。
意見を言えないオタが増えたっていうのも、教育に問題があると思う。
では肝心の、どこをどう直したいのかということは、また別のときにでも書こうと思う。
そういえばまだ Pia キャロ G.O. が終わってないのを思い出した。
そして明日は早起きしなきゃいけないことも。
ふと思ったんだけど、業界をあやつってるのって、どうやら祖父倫じゃなさそうだよね。
この業界を変えたいと思ったら、何になるのが一番てっとりばやいの? メディ倫? 流通?

……という感じで流行のはあちゅうコピペに便乗してみました。参考元は世界のはてとかはあちゅう発言のテンプレート等。やっぱりオリジナルが面白すぎると辛いですね。

色々と都合が付いたというかそう誘導した成果というか、割と早い時間にアキバに寄れたので久方ぶりに発売日の喧噪というやつを堪能してきました。「オルタ」は本当に店頭平積み、「ボーイミーツガール」と「もしらば」の新古は 6 k 前後で明らかに中古在庫だぶつき状態、その他は割と平和に。

今日中にちゃっちゃと買って特典買い分をちゃっちゃと売り払うのも良いのですが、発売日っていうのは販売価格と買い取り価格が基本的に一番高い日なんですよね。経験上、明日には販売価格が若干下がるはずなのでもう明日でもいいやと。

どうせ買い取り価格は 3k 台後半でしょうし。古川に「あると」と「オルタ」をそれぞれ 20 本近く持ち込んだオタとかいたので、他も若干下がっていそうです。
そもそも雨の中をえろげ持って歩き回るのはちょっと。

とか言いつつしっかり 1 本だけ購入。未開封新古品。

  • AR ~忘れられた夏~ 初回限定版 (CIRCUS)

鷹取氏の関わった作品はその評価の割にワゴン率が高いので、このタイミングで買うのが得策じゃないことぐらい分かり切ってはいても買ってしまうのは予約特典のせいです。流通の編み出したこの予約特典商法って本当にあくどいなあ。

コメントを残す