もしも明日が晴れならば

ブランド: ぱれっと
四章まで。
章毎に 1 キャラをメインとしたお話しを重ねていくのは良いとしても、お話しとして踏み込みすぎというか下手すりゃ個別ルートで語られるべき内容をそのまま持ってきているように思えます。共通ルートで全部語っちゃったから個別ルートでは一言二言の定番的な告白を経てエンディング、なんていう流れになったりしません……よねえ?
誰とくっつくにしても明穂の存在にはケリを付けなきゃならないので、そこで差別化を図るってのがありがちなパターンでしょうか。

コメントを残す