もしも明日が晴れならば

ブランド: ぱれっと
三周目は千早で。
やはり千早も、個別シナリオに入った途端に重々しい空気が漂ってきます。これってよくある泣き系萌えゲと見せかけて、人間の暗い部分を狙い打ちする鬱ゲというコンセプトなんでしょうか。いやもうそういうのは大好きなんですが。

コメントを残す