雑記

気持ちよく買い物。

えろげは 1 本だけ。予約特典のマキシ目当てという説というかただそれだけだったりするので、巷の評判とか彩色技術一つで同一原画家とは思えなくなるほど違ってしまうことを伝える CG にはノーコメント。まあヤバそうな息づかいは感じてましたけどね。だが心配のしすぎではないか、なあにかえって免疫力がつくといったあたりで。あ、CM ムービー 3 は一発ネタですが面白いです。えろげってあんな風に作られてるんですね。
Imitation は最近のえろげにしては珍しく、本編から遅れてシングル発売という大人の事情とか契約とか色々ありそうな感じですがこういう曲調は好きなので。浜崎じゃなくて、えろげナイズされた浜崎っぽさが良いんですよ。
抱き枕は予約受け取り。トイプラの印刷技術は世界一、かどうかはともかくこの手のグッズ類の中では高品質なのは確かです。これでもう少しサイズが大きければ文句なしなのに。対して Tony の抱き枕カバーは以下略。
同人誌は虎とメロンで。久々に行ったメロンでは専売本を中心に。メロンはもう少し立地が良ければ巡回路に組み込むのですが。
はぴねすのファンブックはこ~ちゃ絵の為に。伊吹ってやっぱりサブキャラ扱いでしたか。一番人気の準をもう少し取り上げるぐらいのお遊びは欲しかったです。
久々に買った Voice-type はフェラ特集だからじゃなく、まきいづみインタビュー目当てで。私が一番、脳味噌を融かされたのは「ゆりね」だったんですが世間一般じゃハードル高いんでしょうか。
ファンブックといえば「群青の空を越えて」のもようやく詳細が出版社のサイトに載ったようです。

先の戦争を、戦闘背景から政治背景、さらに登場する軍用機を完全解説!

一応、「群青の空を越えて」はえろげです。本当に一応。

コメントを残す