Triptych

ブランド: ALcot
エンディングを拝んで未読選択肢回収して Appendix もクリアしてコンプ。ご都合にも程があるとかもう少し頭の回るやつはいなかったのかとかは言わない方向で。なのでせめて「ということにしたいのですね」ぐらいは言わせてください。
お話しは一本道、3 人のシナリオを一直線に辿っていけば最後に全ての真相へ、というループ要素も内包する一見よくあるタイプです。微妙に違うのは、純粋に真相に至るまでの過程としてしか扱われていない点です。たとえ真相への踏み台でしかなくとも何らかのオチを付けて一度は完結させてさあ次へ、とはなりません。単に唾を付けて伏線を残して去ってゆくのみ。連続したお話しということを考えればこれも有りでしょうが、この中途半端に作られた土台がキャラもお話しも弱くしています。
マヤなんて殆ど顔見せだけ、ミウとカレンのお話しは容易に先が読めるくせに一番気になるところは先送り。これで最後に唐突に、真相はこうでしたとか並べられても。構想レベルではもう少し面白そうだったのに、結果的に実力が伴わず転けてしまった典型のような外れ感がありました。
CG とかキャラデザは ALcot にとっての「いつも通り」。立ち絵の鮃顔っぷりは気になりましたが。
子供子供と連呼するようなキャラを脱がすのは流石にどうかと思いましたが ALcot なので今更でしょう。ふりふりでひらひらな衣装とか半脱ぎ完備とかもいつも通り。の筈なのに前作と比べると随分落ち着いたような。ある意味、引いてしまうぐらいに乱れさせる描写を平然と入れていた前二作には及びません。オマケとして幾つか追加シーンがありますがそれでも可愛いもんです。
前二作といえば、キャラの立ち位置で柔軟に変化していたテキスト表示位置は画面中央と画面下部の二つに固定化されました。どうせ固定化するなら一カ所にすれば良いものを。
音楽は良くも悪くも。聞けば思い出す、といったとこでしょうか。各章 OP ソングはショート ver すら音楽モードで聞けません。

よかったところ
黒髪ロングとゴスロリと半脱ぎ
わるかったところ
使い捨てキャラっぽいのはちょっと

序盤の弱さが最後まで尾を引いてしまったのが残念です。とりあえず宮蔵氏シナリオらしい次作に期待。

コメントを残す