夜明け前より瑠璃色な

ブランド: August
私はもう少し、えろげを浅く広くやってみるべきなんじゃないかとふと思い立ってやってみることに。
序盤一ヶ月の空気っぷり、これこそがギャルゲフォーマットというやつでしょうか。日常生活の描写というよりか、日常イベントの消化という方がしっくり来そうな空気っぷりです。というのもイベントありきで中身のある会話が少ないですよね。何を考え何を思うのか、そしてどう行動するのか、キャラクタの根底となるべき部分が記号しかないというのはどうなんでしょう。
8 月といえば意外なところで意外な意表を突く展開というイメージがありますから、実は月と主人公には浅からぬ関係が、なんてレベルじゃなく月と全面戦争とか異世界とかのワールドな展開になってくれることを期待してます。
そういえば 8 月って幼馴染みキャラが一番目立たない、悪く言えば割を食うという印象もあります。本作の幼馴染みキャラ、菜月ももういかにも踏み台にしてくださいといわんばかりのオーラが漂ってます。

コメントを残す