雑記

ずっと狙っていたのがヤフオクに出品されたので虎視眈々と終了時間まで待ち、いつ入札するかとタイミングを見計らっていたら即決価格の入札であっさり持って行かれました。落札できなかったのは大した金額でもないのにケチって渋った私の判断ミスなので別に文句はありません。が、落札者が台湾の入札代行業者というのが何かこう、転売厨に横取りされたかのような悔しさを感じさせるのは何故なんでしょうか。
反省というかストレス解消というか、即決可能なものは無駄な争いを止めてとっとと落とすことにして刹那的な衝動に従って幾つか落札。即決できないものは殆ど意地で落札。終了時間直前の入札だと 5 分ずつ自動延長が掛かるのって、公平性というよりも「KOOL になれ」と煽ってるようにしか思えません。相変わらず懲りませんね私は。
届きもの。

予約し損ねて、ヤフオクでちょい前に落とした限定版が到着。限定版のみのレイジングハート・エクセリオンは別箱入りで、包装用ビニールで一括りな仕様でした。
改めて実物を見てみるとそう悪く無さそうになのに、やっぱり何か物足りない。元絵には割と忠実なのに……ってそうか、元絵に忠実たろうとしてかえって平面と立体の違和感が目立つんでしょうか。とか言いつつ一番目立つのはやっぱり塗装ですかね。

コメントを残す