Daily Archives: 2007/02/18

Bookmark

秋葉のコトブキヤに2メートルの巨大エヴァ初号機出現!

そういえば展示されてましたね。家庭のインテリアにしては少々でかすぎると思いますが。

自民品川区議団、政調費報告に漫画やポルノ小説領収書

政治屋さんのケチっぷりがよくわかりました。

Read more »

いつか、届く、あの空に。

ブランド: Lump of Sugar
傘エンドでコンプ。
もうこれ上斜め上には行かないかと思ったのは完全に読み違えでした。十二支を模るかのような音合わせと言葉遊びで、和の雰囲気漂うある種の伝奇ものめいた印象を抱いていましたが違いました。和洋折衷を矛盾なく、そして都合良く織り込めた作品を伝奇だなんて安い言葉で呼べましょうか。それは伝奇ではなくファンタジーと呼ぶのが相応しい。
シナリオの傾向としては御子石大郁でしょうか。御子石氏が予想もしない明後日の方向へ投げるのに対して、朱門氏は内角高めのストレートを投げてくるという違いこそあれ。斜め上を行くように見えても、ちゃんと地に足は付けています。そこが言葉遊びの妙技というか、丸め込まれているというか。
この原画でこの企画を通した勇気、欠伸で涙が出そうな温い萌えゲでただ凡庸の海へ名を沈めるよりも、尖ったシナリオで何処かに引っ掻き傷を残す道を選んだ決断は讃えるに値します。意表を突くとしても、これを発売前に予想できた人がどれほどいるのやら。
お話しは決して難しいものではありませんが、朱門氏の好む言葉遊びやレトリック、隠喩を駆使した情景描写はえろげではあまり馴染みのないものです。ただ先へ先へと目だけが読み進み、会話文を拾っていく感覚に慣れてしまっていると内容が掴めなくなるのも必定かと。きちんと読めば、若しくは読み返せばわかる内容であっても、1 クリックという単位で吐き出されるテキストとそこに込められた情報量は僅かばかりのもの。このテンポの良し悪しが馴染むか否かもまた、人を選ぶ一要素となっています。
好みで言えば、此芽シナリオが一番好きでした。というか此芽は反則。
脇を固めるサブキャラも魅力的に動き回ってくれました。特に金髪ツインテール、愛々々 (めめめ) はサブにするには勿体ないぐらいに。かといって無駄にシナリオを付け足すことはただの蛇足でしかないことぐらい、よあけなとかその他諸々で痛感しているのですが。
ちなみに愛々々 (めめめ) だの (さん) だのといった不自然さ漂う名前や苗字には、きちんと言葉遊びや意味が込められています。それも捻りまくりではなく、割とシンプルに。
唯一の不満点を上げれば、もう少しこの魅力的なキャラ達のお話を、それも全てが終わった後のお話しとしても読んでみたかった、てなとこでしょうか。決して本編で消化不良だったなんて事はなく。ただもう少しだけ笑顔を見続けたいと思うのです。

よかったところ
事前の予想や印象を覆す展開が最大の魅力かと
わるかったところ
演出面にももう少し力を入れて貰えれば迫力もあったでしょうに

催眠効果抜群な萌えゲを期待せず、多少の斜め上展開を笑顔で受け入れられる心の余裕、そして言葉遊び好きであればきっと楽しめます。

雑記

最近、休みは週 3 日必要な気がしてなりません。