Chu×Chu アイドる

ブランド: UNISONSHIFT Accent
残りは追加 H シーンだけなんで、とりあえず纏め。
最近売れているえろげの記号を集めて 1 本のえろげにしてみたらこうなるよね的作品。つまり、売れセンを意識した可愛らしい絵と明るめの色遣い、一応恋愛ものだけど H シーンの量多め、主題歌挿入歌も手抜かり無し、でもって榊原ゆいですよ、と。そして抜けているのは当然シナリオでしたというオチまで完璧です。マーケティングって大切ですね。
アイドルとか吸血鬼とかは飾りです。ついでにギターまで飾りでした。まあ、この手の作品にそう言う統一性を求めるのもアレなのかもしれませんけど。
色々理由付けて H シーンの数は多い割に、キャラ立てが手抜きでお話しがありがちだから印象に残らないのでしょうね。

よかったところ
H シーンの数だけは
わるかったところ
もう少し、お話しを捻れないものかと

CG だけとか榊原ゆいだとか、割り切りの良い人向けの作品です。

コメントを残す