雑記

何の実感もないまま七の月へ。

コメントを残す