Daily Archives: 2007/07/15

Bookmark

イギリスで大人気の高級ブランドのエコバッグが東京で先行発売 客が殺到し騒動に

ちっともエコロジーじゃないような。

Read more »

夢見師

ブランド: H℃
コンシューマ作品の逆移植だそうで。別に何か被害にあったわけでもなければ根拠もないのに、何故かコンシューマ上がりのえろげやとか作品ってコンシューマで当てられなかったから参入障壁の引くそうなえろげに引っ越してきたって言う妙な偏見みたいなものがあったりします。別にコンシューマを目の敵にしている覚えはないつもりなんですが。
軽く頭をやってみたところ、意外にもテキストは面白いしテンポも良い。少なくともいきなり大外れって事はなくて安心しました。これなんてビューティフルドリーマー? っぽい話は好きですし。ただ印象が良ければ良いほど、後味悪いと評判らしいバッドエンドが冴え渡るというか効きそうですが。
イベント CG の主線のジャギが目立つ気がするのは、PC 向けに変換かけた名残か元からのものなのかどっちなんでしょう。

レコンキスタ

ブランド: コットンソフト
サブエピソードを拾ってコンプ。
雰囲気から抱いた印象やイメージ、つまりホラーとかサスペンスとか伝奇といったものは殆ど期待できませんでしたが (何せ首狩り女に神秘性がないし) お話しとしてはよく纏められていると思います。
ここでいう纏まっているというのは勿論、ちゃんとサブキャラの一人一人にまでその存在意義と目的がちゃんと描かれ、生きてお話しに関わってるという意味。非日常への足掛かりとしていきなり殺されるだけの人もいましたが、その死にも意味があることを思えば無駄ではないでしょう。
決して珍しいお話しではないものの、全体に漂う優しくももの哀しい雰囲気と広げた風呂敷を綺麗に折り畳んだ構成は良いものでした。
スタッフルームにやけに客観的なコメントを寄せていた (いや事実そうなのでしょうが) 片岡とも氏も言ってた気がしますが、建前上は二作目となる作品のジャンルとしてはやや意欲的に過ぎるかなと。蓋を開けてみれば全くそんなことはないのですけど、見た目の印象としては (口コミなどの起爆剤がない限り) 売れにくいジャンルですし。
保守に走れば凡庸と罵られ革新的な道を選べば一般受けしないのは世の常、だからこそこの匙加減をどう付けるかが腕の見せ所なのでしょうが、どちらも中途半端になってしまった印象を受けてしまいました。
構成としては、基本となるお話し一つを全体で共有する形を取り、選択肢や選んだ視点で分岐してゆく多視点型の ADV 。ただし視点選択ができるのはプロローグ、それも主人公二人のみで、あとは進行に応じてころころ変わります。ただしよくあるイベント重複とかの無駄はできる限り排除されているので、何度も同じテキストを読まされる苦痛はありません。
CG については概ね水準並みかと思いますけど、汁についてはもう帰っていいよというか石鹸の泡かと思うぐらいのやる気無さです。

よかったところ
最後のトゥルーエンドで救われた気がしました、あともみじ可愛いよもみじ
わるかったところ
さして追い詰められてもいないのに自供する犯人とか笑うところでしょうか

書き忘れてましたが北都南ゲです。ほぼ全編に渡って北都南ボイスを聴きたいならやっとけと。冒頭の通りサスペンスものではないけど萌えゲってほど睡眠誘導成分を含んでいるわけでもないので、このどっちつかずな中途半端さ加減に対する許容とお話しそのものに対する好き好きが評価の分かれ目でしょうかね。

雑記

結局台風も大したこともなく。