夢見師

ブランド: H℃
奈緒エンドと亜佐美エンドでコンプ。まさか立ち絵すらないサブキャラにもエンドあったとは。
お話しは三章構成一本道、麻枝と久弥を足して悪趣味で割ったような内容です。そんな売れるポイントを微妙に抑えておきながら寝取られ上等、血飛沫ウェルカム、最後はご都合主義というあたりが実に悪趣味。敢えて一本道に展開するのもまた悪趣味というかむしろ萌えますね。
掛け合いも軽妙でキャラもいい感じに立っているのに、不似合いなほどに不幸な生い立ちというか現状を背負っているギャップが良いのですかね。そこから救うように見せかけてさらに突き落とす悪趣味さを含めて。
一応、各キャラ 1 つずつな H シーンアニメはたまにブロックノイズが見える mpg なので動きはスムーズなものの果たして入れる意味あったのかと微妙なところ。まあ無くてもいいんですが。
ボイスは男含めて有りのフルボイス。システムもまあ普通。初回のスタッフロールを飛ばせないのはちょっと面倒ですけど。

よかったところ
救いがあるようで救いのない、終盤までの雰囲気は黒さ含めて良かったです
わるかったところ
別に悪いってとこでもないですが、全てが解決したあとのまったり感にもう少し浸れればと

だいたいは評判通り、期待通りってとこでしょうか。既視感はやや否めないものの悪趣味な設定たちが彩りを添えています。普通の恋愛ものに飽きた頃合いには良い刺激でしょう。

コメントを残す