CLANNAD

ブランド: Key
漸く杏エンドと椋エンド。姉妹といえばドロドロしたものしか想像できない自分が情けなくなってきますねっ。それとなく確執めいたものを匂わせても深くは立ち入らないのが鍵の流儀って奴でしょうか。妄りに修羅場を入れりゃいいってもんじゃありませんけど、姉妹の正面対決が見られないというのもそれはそれで物足りないのですが。
あと話の流れとはいえ杏のイベントがあまりに少ないのも勿体ない。
続いて智代エンド。智代にアフターが必要だった理由が垣間見えるかなと期待したものの、やっぱりわからないというのが正直なとこですか。智代の真っ直ぐな性格は終始一貫したものであり、敢えて後付けして何を描こうというのかなと。朋也の方の話は進展しないのがデフォのようですし。
ただこれまでの中では、一番えろげっぽいというか構成的に無理無さそうなお話しだった印象があります。だからアフターが出たっていう訳でもないでしょうけど。

コメントを残す