CLANNAD

ブランド: Key
俺たちは登り始める。長い、長い坂道を。
やっとトゥルーエンド、本当に長い長い坂道でした。まさかこれほどの長い道程だったとは。後にも先にも、こんな長いのがあるのかってぐらいの長さでした。
単にアフター 2 周しただけじゃ予想通り駄目だったので素直に攻略頼り。渚シナリオのフラグ状態はともかく、まさか最後の最後でまだ分岐ルートがあるなんて嬉しすぎて泣きそうでした。さらに泣けることにフラグが中途半端な状態でも一応シナリオとしては辿れるので、下手に選択肢潰しなんてやってるとなかなか気付きません。人との繋がりって難しいものですね。
鍵ゲーなんて寝ててもコンプできらぁなんてのはもう過去の話なのか、単に ADV をクリアする勘が鈍ったのか…… 予想外に苦労してしまったのは事実。Pure Mail 修正パッチ無し版の自力クリアに挑んでいたのはもう遠い日か。
一通り終わってみた感想としては、よくもまあこんな、壮大なんて陳腐な言葉ではとても言い表せないボリュームの作品を作れたものです。イベント CG の量は水準以下の癖に、多数のキャラクタと歩む日常やシナリオの量は倍以上ってどういうバランス感覚してるんだと。ここまで徹底するなら、早苗さん単独エンドもちゃんと欲しかったです。
細かいとこは日常イベントのコンプ後に。
公開中の劇場版はまた劇場版 Air みたいなオチになりそうな気がしてならないのでもう少し考えてみます。

コメントを残す