Daily Archives: 2008/03/20

Bookmark

県警:虚偽反則切符の巡査を減給処分 /神奈川

人に甘さを見せちゃいけないって教訓ですか。

中古について考えてみました

別に拘っているつもりはないものの、余程入手困難でない限りは新品か未開封中古です。

Read more »

雑記

そろそろノイズ混じりで使い続けるのも苦痛になったんで、SP1 統合版メディアを作って気持ちよく Vista 再インストール。インストール中に想定外の再起動が起こり、やり直しになったりはしたものの順調に進み、あとはフリーソフトの類を落として再インストのところまでこぎ着いたところで BGM でも流しながらやるかとふと思い立ち音楽を流してみるとあら不思議。音飛びっていうか、音が捻れる現象が起こってます。入れ直せば直るんじゃなかったのかこれ。
とりあえず Vista 再インストからやり直して、何が悪いのか見極められないか 4 回ほど繰り返してみましたがやっぱり原因不明。ていうか最低限のドライバ入れた状態からもう症状出ているっぽいし。
ここでふと、P5K シリーズで起きる現象として音飛びの話題がスレに出ていたことを思い出しました。原因不明なものの、一例として HDD の AHCI を止めれば直るとか何とかあったような。
物は試しと SATA ポートを IDE 互換にしてみると……腹の立つことにしっかり直ってやがりました。しかも AHCI に戻すとしっかり再現。なるほど、確かにこの症状に気付いた切欠は HDD 交換でした。以前まで使っていた HDD では何の問題もなかったのに、新しい HDD では摩訶不思議なことに音がおかしい。再インストで解決することを最初に確認したときだって、古い方の HDD を使ったんだから発症しなくて当然ですね。いやあ、相性って怖いですねっ。
相性なんて非科学的なもののせいで音を歪められてはたまらないので IMSM やチップセットドライバを更新してみましたが効果無し。SATA 、まして AHCI なんてここ数年の規格ですだから枯れてると言い難いのは重々承知してますが……、それでもやっぱり。
絶望した! 無難なパーツの中でもほんの少し高めを選んで組んだのに相性に左右される現実に絶望した!
まあ HGST の HDD と ICH (AHCI) でも相性あるらしいですからそんなものなのかもしれませんけど。
取り敢えず古い方の HDD にもう一度再インストして、HDD の相性が事実かを確認しようとつなぎ替え。あれ、つなぎ替えたのに HDD を認識していない? ああ、電源コネクタが緩かったのか、じゃあ深く押し込んでぽちっとなと。あれ、何故かまた変なような。
ふと、手元を見ると不思議なことに白い煙と赤い炎がぶわっと。慌てて HDD から電源ケーブルを引っこ抜いて電源 Off 。いったい何が起こったのかとよく見てみると、綺麗に焦げてました。
燃えた HDD と SATA 電源ケーブル
自作関係で火を噴く、っていまいち実感無かったんですが嫌って程に体感しました。ちなみに燃えたことより、煤が部屋のあちこちに飛び回ってくれた方がダメージ大きいです。その他のパーツに悪影響が無かったのが不幸中の幸いってやつでしょうか。
その後、後片付けをしつつ泣く泣く新しい方の HDD に再インストして環境を整えていくと……あれ? 何故か音飛びが直ってる?
本当に相性って怖いですねっ。