Garden

ブランド: CUFFS
落ち着いたのでざっと纏めでも。
評判は散々ですが、ふと見たパケ裏の粗筋に惹かれて崩してみるかと手を付けたのが運の尽き。まさか、未完と叩かれた最大の要因であるシナリオカットが、どう見てもメイン級のキャラのことだったなんて夢にも思いませんでした。少なくとも途中まではルートの存在を予感させる選択肢や CG 付きのイベントだってちゃんとあるので、てっきり選択か条件が悪いのだとばかり。消すなら全部消せばいいだろうに中途半端に残して、その後は無理矢理絵里香ルートて。これで整合性が、っていうといったいどんなシナリオを予定してたのか不思議でなりません。単にプロットの時点で矛盾が生じていたんじゃあ。
お話はメインの絵里香が一番重くなりそうでいて、終わってみるとちと厚み不足。せっかくの持ちネタを生かし切れていないように感じました。かといって音川先輩はエンドが投げっぱなし気もするし、あざみんは無難と言えば無難すぎるし。双子のシナリオが意外と面白かったのが本当に意外。まあ基本的な前提が顔さえ良ければ以下略なので、適度に距離を置いたキャラの方がより自然により面白く見えたのかもしれません。
テキストはえろげにしてはかなり冗長な、癖のような特徴のある方です。淡々と流れる BGM に乗せて読み進む雰囲気はなかなか良く、気分良く進められました。音川先輩ルートでの、技巧に凝るのではなく文字通りに言葉を選んだ描写は結構好き。
イベント CG 枚数はやや少なめ、なのにキャラの立ち絵は異常なほど多いです。というのも季節や時間、気分に合わせて服装と髪型が数パターンあるというオサレっぷり。特に絵里香なんて、デフォの髪型というのがないんじゃないかというぐらいランダムに変わっていたような。
音楽は BGM 含めて素晴らしいの一言、サントラが欲しくなります。特に OP は歌詞も……ってそういえば最近の作品にしては珍しく OP ムービーが一切流れません。デモ用のを見る限り、瑠璃の未使用 CG を思いっきり使ってるから急遽お蔵入りとかそういう話なんでしょうか。
どうでもいいですがお漏らしはもれなく完備。ここまで来るといっそ清々しい。

よかったところ
双子シナリオは良かったです、まきいづみの二役というのも珍しいし
わるかったところ
瑠璃と竜胆先生シナリオはどこですか?

例の未完部分と、お漏らしに拘るあまり変態にしか見えない主人公さえ気にしなければ、優しい旋律に乗せて読み進む雰囲気は決して悪いものではありません。ただ失ったものの大きさがあまりに大きいので、終わった後にやりきれないものが残る欠点はありますが。

コメントを残す