Clear

ブランド: MOONSTONE
無月エンド。これってあれか、泣きゲ翼賛的な風潮に対する一種の毒ですか。
独白の異様さからも変人ぶりは伺えましたが、無気力、無関心、斜に構えて世の中舐めきってます風を装っているけど言うときには言うんだよ的主人公ではなく、言うには言うけどそれはそう言うことが一般人でこう言っておくものだと予め計算した上での言葉だったりする程の変人ぶりというのは、巷の「優しい」主人公に対する皮肉のようにも見えます。
そんな意外な観点で面白かったことこそ正に意外というか。
例によって妹シナリオだったりしますが、妹ものとしてはまあ普通か。別に妹という記号に思い入れなんて有りはしませんけど、妹と懇ろになろうというある意味での狂気をどう料理するのかが好きなのかもしれません。

コメントを残す