G 線上の魔王

G 線上の魔王 [あかべぇそふとつぅ] ハル、水羽、花音、椿姫エンドでコンプ。
ミスリードを誘う釣り針があまりにわざとらしく、ブラフかマジか判断しかねていた訳ですけども。まあ正直どっちもよかったんですが、ご都合容認派でもあの投げっぷりと言うしかない伏線――いや回収されない伏線をそう呼ぶのか疑問ですが――はどうにかならなかったんでしょうかね。
無理矢理とも言える個別ルートの展開、それでいて根底のテーマは各キャラ共通というところからして些末なことはあっさり切り捨てる作風……なのかなあと。車輪の方が面白いというのが割と「大きい声」というやつらしいんで、そっちにも近々手を出せればと思います。どんなに荒削りでも、貫きたいテーマがちゃんと見えている作品って好意を持ってしまうんで。世間一般の声なんて何処吹く風と言わんばかりの個別ルートは意外すぎて面白かったですし。
とりあえず我が儘で甘えたがりの水羽をもっと見たいだろってのが世間一般の大多数だと信じてます。

コメントを残す