雑記

さていよいよ、代理店交換されてきた GeForce 98000 GX2 の取り付け。電源ケーブル繋いでいるのに、片方しか接続確認用の LED が点灯しないとか、やっと両方点灯して大丈夫かと思ったら GX2 が 1 枚しか認識されないとかのトラブルが夏の日の夢だったかのようにあっさり認識。SLI だって当然有効です。
消費電力も 1 枚認識時よりちょい多くなり、アイドル状態でも 240W 近い状態でようやく本物の 9800 GX2 に出会えたのだなと。手始めに、ゆめりあベンチを走らせてみたところ 1024*768 の最高画質で 71730 、8600 GTS で 35760 だったのでほぼ 2 倍にはなってると。って待て待て、1 枚認識時のスコアが 75097 だったから 1 枚相当よりも下がってます。
119470 → 119267
そういえば SLI 非対応ソフトの場合はちょっと設定してやらないとダメだと聞いたようなことを思いだし、マルチ GPU パフォーマンスモードを準に変更して試してみることに。
「フレームのレンダリングを強制的に交互にする 1 」で 119267 、「フレームのレンダリングを強制的に交互にする 2」
で 119470 、「分割フレームのレンダリングを強制的に実行」で 15866 だったので、どうやら 「フレームのレンダリングを強制的に交互にする」にとりあえずしておけば良さげな感じ。
ちなみに実行中の消費電力は 340W 越えてました。もっと高負荷かけたら 350W ぐらいはいくんだろうなきっと。

コメントを残す