ヨスガノソラ

ブランド: Sphere
瑛エンドでコンプ。久々に 1 本、コンプした気がします。最後のケリをどう付けるのかが気がかりでしたが、まあこういうちょっとした一歩て感じの方が雰囲気的にも有りなのかなと。
最後にもう一度、穹シナリオをスキップしつつやり直してみました。流してみると、やはり他シナリオとは別人じゃないかと思うほど浮いてる感がちょっとあります。序盤からアクセル全開に近いのは良いとしても、その切っ掛けになる部分にはもうちょっと尺を割いて欲しかったような。
とはいえ穹シナリオの見所は、穹のデレっぷりと近親姦という背徳性。穹が攻勢に出たところからの一連の流れは文句なし。徐々に、しかし確実に詰めていく穹の一手一手が素晴らしい。世間様じゃヤンデレと評す声もあるようですが、兄を振り向かせるために世界をやり直したり外敵を排除したりする妹が基準になってると普通に可愛い言動にしか見えないんですがまあそこは好き好きで。
妹ものとしては基本中の基本でありながら、その踏み込む度合いには差異が見られる背徳感云々は、広く浅くを心掛けるならここら辺が目処であり限界なんでしょう。なので後ろ指を指されてこそ萌えるて人以外は要注意。ただここまで描写したのなら、最後までもっときっちりして欲しかったとは思います。世間様、というか友人達への告白は一番美味しいところだろうに。
一応、重要なキャラなのに散々な言われような気がする奈緒は、何かもう穹シナリオの力の入れようと比べると余りに不憫。やり過ぎても同情を誘うようで痛いキャラになりそうですが、言ってることとやってることが余りにも乖離しすぎ。修羅場シーンじゃある意味、穹の引き立て役ですし。
お嬢と瑛、メイドさんは可もなく不可もない、テンポの良さも相まって読みやすいお話だったかなと。メイドさんはギャグキャラとしてみればいい人ですし。

よかったところ
中盤、病的なまでに一途な穹は最高でした
わるかったところ
CG がもう少しあっても良いよね

色々と不安な風聞があったものの、穹に関しては期待通りだったので十分満足できました。

コメントを残す