雑記

本当に今更な話ですが、やっと今日になって GyaO でスクールデイズの最終話を見ました。DVD 全巻買ってるのに何で今頃と自分でも思いますが。
一言、誠氏ねという言葉だけで片付けられる内容である一方、サブタイトルが敢えて「スクールデイズ」というところに何とも言えない皮肉と自重を感じます。いや何処の誰があんな波瀾万丈なスクールデイズを送るんだよというのはわかりますが、結局のところ行き当たりばったり、ベストの選択肢を選んだはずがワーストでしたなんてものじゃありませんでしたっけ。
ついでに、ムネモシュネの娘たちも視聴。乳首が普通に出てると何の感慨もないですね。まあ能登かわいいよ能登ということで。

コメントを残す