Daily Archives: 2009/05/09

Bookmark

アキバ系女装バー「NEWTYPE」(ニュータイプ)がオープン!美麗男子「オトコの娘」が接客

二次元と三次元の間には大きな壁が存在すると思うんだ。

Read more »

私の知らない妻の貌

ブランド: AIL
箸休め程度に。
低価格品ということで凌辱ゲーのダイジェスト的な作りになっています。学園時代、大学時代、現在の 3 つにわけてそれぞれにシーンが幾つか。一番需要があるのは学園時代だろう常識的に考えて、とか思ってる人は避けた方が無難です。凌辱ものの最初、中盤、最後だけを摘み食いな感じですし。
基本は現在ってことで、人妻寝取られものと見ておくのが正解。うん、やっぱり私にはまだまだ早すぎたようです。娘とくっつくエンドが一応あるのが救い。
すっかりアレな方向に行ってしまった感のあるアイルにしては珍しくノーマルな……なんてこともなく、スカッとしてるのとかピアスとかやらないと納得できないようです。
あと特典として誰が得をするのかわからない大人の玩具付きです。貫通型って言うらしいですよ! こんなぷにぷにしたものだったのか、というぐらいの感想は抱きましたが正直、こんなの付けるぐらいなら翠の CG をもっと増やせよと思いたくなるわけで。しかも開封済みかどうかが判別できない袋のせいで中古買い取り拒否されているらしいですし。

よかったところ
値段相応
わるかったところ
大人の玩具はギャグとしても全く笑えません

まあ、軽い寝取られ属性があるなら……な感じで。別に寝取られとかに抵抗はないはずなのにいまいちに感じるのは、人妻ものだからですかねー。

真説 猟奇の檻 第2章

ブランド: CALIGULA
攻略を頼りに、ひかる、和子、京、たまみ、美雪、さくら、裕子、由佳里、ハーン、モエミエンドと残り CG を回収。サブキャラにも一応個別エンドがあると言っても、そもそもメインキャラと比べてイベントが 2 つ 3 つあるか無いかの違いぐらいしかないので実質さして変わらないんですよねこれ。
98 版の極悪難易度で放り投げて早 10 年ちょい、リニューアル版でようやく真相と真犯人がわかりました。なので旧版との比較はできませんが、真相の告白のシーンの力の入れ具合は多分リライトで相当追加されたっぽい空気を感じます。ある意味苦労が報われるというか。攻略頼りましたけどねっ。
同じ推理ものの殻ノ少女も真ルートのフラグは結構極悪だったと思いましたが、場所と時間の二軸が絡む同級生スタイルを取り入れた古典的手探り ADV は問答無用で難しいです。98 版からの追加要素としてイベントや CG の追加、マップ移動でアイコンが付くようになったりタイムテーブルをちょっと緩くしたりといったゲームバランスの調整も入ったようですが、ノーヒントの手探りで、目当てのヒロインを追いかけてフラグを潰しつつ真相へのフラグも確実に潰すという芸当はきちんとタイムテーブルを把握しないとまず不可能。最初の 2 、3 周なんて犯人の見当すら付かない 11 日目で終わりますし。
この情報を持っているのは誰か? イベントが起こりそうな場所は何処か? 同一コマンドを何度も試すのは古典的 ADV の基本、ぐらいのことは頭の片隅に置いておかないと手探りプレーだと苦しいです。
根底の部分は 10 年以上前の作品だけあって、ところどころに古臭さみたいなものがあります。イベント CG で背景と主人公だけ固定、ヒロインの部分だけ差分にして入れ替えるなんて最近じゃまず見かけません。そもそもメインキャラでさえ、イベントらしいイベントが押し掛けイベントとかデート 1 回とかで、好感度の高いヒロインと協力して云々とか個別ルートに突入とかの今風な要素は皆無です。サブキャラとの H イベントがやけにギャグっぽくなってるのも、何か PC-98 っぽい感じが。バッドエンドがやたらと後味の悪いものだったりとしますけど、こんなに貞操観念の強いものなんでしたっけ、昔の作品て。
そういえばテキストはかなり珍しいと言える三人称調。98 版もそうなんでしたっけ?

よかったところ
ほぼ作業プレーですが、10 年以上わからないままだった真相がわかってすっきりしました
わるかったところ
基本は一部追加と修正のようで、真ルートみたいな完全新規追加ルートが無いのはちと残念

良くも悪くもリニューアルもの、懐かしい気分に浸りつつ攻略見ながらプレーが推奨です。
あと志津子かわいいよ志津子。殆どが日常の通常イベントで個別ルートがあるわけでもないのに惹かれていく、会えることに一喜一憂する、こういう過程は最近の作品じゃまずお目にかかない本当に懐かしい感覚でした。

雑記

買い物。

ここ最近、妙にとらの品揃えが悪くなってるような気がします。