フォルト!!

澪エンドと藍エンド。お話としてはどうってことのない、あってもなくても以下略というやつですが、えろげとしては一応及第点。仏蘭西少女と比べると、こっちは半脱ぎだし表情も心なしか活き活きとしてるし。

同じ原画家とはいえブランドもコンセプトも全く違う作品を比較するのもどうかとは思いますが、何かと曰く付きの Tony 氏ってことで。

コメントを残す