斬死刃留 体験版

原画とシナリオの両方に田宮氏が関わってるという、好きな人は期待せざるを得ない斬死刃留の体験版がようやく出たってことで早速。一発ネタとしてはそこそこ見かけても、本格的なものは忘れた頃に 2 本、3 本あるかないかの触手ものだけに、ここらで一つ欲しいところでしたし。

と、正直なところ触手凌辱ものという側面で期待してたわけですが、思いの外、伝奇もの的な雰囲気や設定も重視していて驚きました。だってほら、真言ですよ真言。ナウマクサンマンダとか久方振りに聞きましたよ。

体験版とはいえバッドエンド直行もあり、いわゆる二次元オチにはならないようです。幾ら何でも、メインヒロインがやられると即バッドエンドって程デッドオアアライブな作風じゃないと思いたいですが……、否定しきれない感じもかなりします。

テキストは三人称で、各々の心理描写を時折混ぜるという小説的な書き方だとは思うんですがちょっとそれが逆にわかりにくく感じる時も。途中でふと、主語は何だったか見失って誰の言動だったっけと思うような感じと言いますか。

予想外に雰囲気ゲーとしても期待できそうなのであとは延期せずに出てくれれば、と。

コメントを残す