痛みの向こうに

医者嫌いならちょっと人には負けないし、大抵の不調なら無視してしまう私でもやっぱり歯の付近が痛むというのは相当辛いものがあり、観念して歯科院に行ってきました。

あんなに痛むのにぱっと見での異常はなく、レントゲン撮ってみて見えた虫歯が神経に染みてるのかもねという推測で、とりあえずは塞いでみて様子見ということに。

何故か診療中は不思議な程に痛みが引いて無くなっていたんでまあそれでいいや、と思ったものの終わってからしばらくするとぶり返してきて、激しい痛みって程はないものの集中力を奪うには十分な痛みがじくじくと続くので何か腑に落ちない。というか痛い思いしてるのに、実は何も解決してないんじゃあ。

ご親切にも歯石を粗方取ってくれたりしたので 3 割負担でも 4000 ちょいぐらいかかりました。各診療の点数は決まってるんだからレストランのようにメニューから選んであれとこれ、でもこっちはいらない、と患者主体で注文できるシステムになりませんかね。

いや医者に直接言えよっていうのはごもっともですが、歯石溜まってるので取りましょうねと言われて拒否するのって角が立つというかこう説明しにくいものが。こういうところがまた、病院嫌いにさせてるってのは分かってるんですが。

コメントを残す