ましろ色シンフォニー

桜乃エンドと愛理エンドまで。

桜乃シナリオはちゃんと妹ものの醍醐味である背徳感をちょっとは出そうとしてくれたあたりは好印象です。とはいえ柔らかい、優しい表現ですが。

普段の反応が薄いので、くっついたらその反動でさぞいちゃいちゃしてくれるものだと信じて疑わなかったのですがどうもその辺も薄いというかわかりづらい。もっとストレートを投げてくれても良かったのに。

愛理シナリオは、凛々しく高潔であらんとする女の子は可愛くて格好良いよね、と。こういうのを安っぽいツンなんて言葉に帰着させたくはない。きちんと自分の信じた筋を守り、通そうとする姿はそんな上っ面なものじゃないんですよ。

そしてこちらでは、桜乃の方で足りなかったいちゃいちゃ分が一気に。ついて回る子犬っぽいのは元から好きなこともありますが、大変よろしい。

コメントを残す