ましろ色シンフォニー

軽くまとめ。

ジャンル的にはキャラ萌えゲー、てとこなんでしょう。いわゆるテンプレシナリオで、気がついたらよくわかんないけど好き同士になってました、なぐらいに乱暴ではないですが、大したイベントもなくくっつくので傍目にはそう見えても問題なさげです。

こういうのは言動に一喜一憂できるキャラがいればそこそこ楽しめ、そうでない場合はただただ退屈というのが相場です。私もアンジェはちょっと合わなかったので、やや退屈気味でしたし。

テンプレシナリオから外れる道もあったろうに、敢えてそれを見逃している節もあるのでこのストレートさは素直に狙い通りのものと受け取るべきでしょう。ぐだぐださせないでまとめちゃった方が手頃ですし。紗凪がサブキャラなのはどうしようもない事ですね。

いちゃいちゃ分なら愛理、妹分なら桜乃、変態分ならみう先輩ってことでバランスよく楽しめました。

よかったところ
愛理のいちゃいちゃっぷりはまあ見事
わるかったところ
あまりにキャラ萌えゲー過ぎる

凝ったシナリオとかの複雑なものを求めず、手頃なキャラ萌えゲーを望むなら丁度いい一つになるかと。

コメントを残す