そして歯は死んだ

いや死んだのは神経ですが。

先週の時点で、もう神経が死んでるっぽいということがわかったみたいなので本格的にその神経の残骸抜き。先々週末に痛んでくれたのは最後の足掻きだったようで。

歯科医療というものがどうも不信感とか恐怖感と切り離せないのって、要は口腔内という自分の目で見えないところを見えないよう処置されるってところから来ると思うんですよね。実際、先週は神経を抜くための穴? を開け、今日はそこに針を刺して残骸を削り取っていくという、口で言われても具体的に何をどうするのか想像しにくい上に、聞くと余計に怖くなりそうな感じが何とも嫌なものです。ちなみに針は徐々に太くしていくらしいですが、太くしていくことで取れるようになるのか? というのもよくわかりませんし。

唐突に出た発熱の方は一応、再発はしていないものの頭痛と微熱感だけはまだ継続中。何なんだろうこれは。

コメントを残す